「即日配送」サービス担当 物流管理部ディレクター馬場さんインタビュー

babasan_5
先月、11月28日より、ZOZOTOWNにて、即日配送のエリア拡大にともない、中国・四国地方にお住いの方も即日配送をご利用可能となり、現在は出荷件数全体の72%が即日配送可能となりました。

そんな即日配送サービスの実現を支えているのが、千葉県習志野市にある物流拠点の「ZOZOBASE」! ZOZOBASEでは毎日、入荷・検品・採寸・撮影・出荷などの作業を行っており、千葉から全国各地に商品をお届けしています。

今回は、ZOZOTOWNの大動脈である物流部門を統括している物流管理部ディレクター馬場さんに、「即日配送」がスタートしたきっかけや、物流への想い、今後の展望などをインタビューしてきました。

  • ・2014年に即日配送がスタートしたきっかけは?
  • 馬場: 当時、配送日時指定サービスを利用するお客様のうち約8割が最短での配送を希望されていたことなどから、即日配送サービスのニーズがあるということで始めました。常々、物流で何かお客様に付加価値を提供できたらいいなって思っていたので、ヤマト運輸さんの協力があって、即日配送というかたちで実現できたのは良かったですね。



    babasan_4

  • ・即日配送の名前の由来は?
  • 馬場: 名前は「当日便」、「即日配送」のどちらかで迷っていました。ただ、「注文当日に届く」という地域は多くはなく、日時指定の速い版という意味合いが強いので、当日ではなくて即日配送にしました。


  • ・即日配送のおすすめポイントは?
  • 馬場: ギフトラッピングサービスも即日配送で注文できるのですが、「あ!クリスマスのギフト買ってない」とか、ギフトってすぐに必要になるときがあるので、そんなときに即日配送が便利だと思います。ちなみに、ギフトラッピングサービスにはメッセージカードをつけることができるので、ただ商品を届けるだけではなく、そういうお客様の気持ちを届けるお手伝いができるということで、現場で働いているスタッフはやりがいに感じていますね。


  • ・物流業務の醍醐味は?
  • 馬場: 会社の今後の計画のなかで、前もって体制を組んでおかなきゃいけない責任感もありますし、それこそ新しいサービスを行うときには、当たり前ですが仕組みとかをロジカルに考えなきゃいけないので、いい経験ができているなって思っています。即日配送だと時間の制約があるので、いつまでにどう終わらせるかなどを調整しています。また、物量に対して人がどのくらい必要になるかなどの調整も重要ですね。あとは物流のダイナミックさも、すごくやりがいに感じていますね。

    以前、人にお願いするのが苦手で仕事を割り振らず一人でやっていたとき、周りのスタッフが自然とサポートしてくれたことですごく助かったことがあって、物流は一人でできることに限界があると気がつきました。そこから「モノを動かす」というより「ヒトを動かす」という意味合いが大きいと感じました。今は上司という立場で働いているので、人の力を引き出すことに面白みを感じます。「部下のために働く」という部分を大事にしていて、みんなの力を引き出したり、やりがいを感じてもらったりとか、そういうチームにしたいなということはずっと変わらずに思っています。



    buturyu

  • ・馬場さんの今後の展望は?
  • 馬場: 北海道出身なので、首都圏にサービスが偏るような地域格差を結構感じていました。あとは、都内にしかないブランドやショップが常に雑誌に掲載されていて、「北海道に売ってないので買えない!」とか(笑)個人的には物流面で地域の格差をなくしていけたらと思います。

    また僕自身、「いい人をつくる」という経営理念に惹かれてスタートトゥデイに入社したので、ZOZOBASEで働いたことで何か変わったとか“人として成長できるような環境”を提供できたらいいなって思います。たまに実家へ帰ったときとかに親御さんから「なんかあんた、スタートトゥデイで働いてから変わったね」みたいなことを言われるような環境を提供できたらいいなって思っています。物流とは関係ないんですけど、人としてというか・・。僕らは物理的に接している人数が多いので、事業理念の「つながる人を増やす」とか、経営理念の「いい人をつくる」のどちらも実践していきたいです。




    馬場さん、ありがとうございました!常に人のことを考えて働く馬場さん。一人ひとりの良さを引き出しながら、モノだけではなくヒトを動かしてダイナミックな物流を実現していく姿が目に浮かびました。人と人とがつながっていく物流を目指していけたらと思います。

    ZOZOマリンスタジアム、ロゴが決定しました!

    image1「ZOZOマリンスタジアム」のロゴデザインを決定すべく、12月1日より代表前澤のTwitterにてデザイン候補を発表し、投票を受け付けておりましたが、ついに、こちらの2つのロゴに決定いたしました!

    3万を超えるTwitter投票の結果、3つのデザイン候補のうち、上記2つのロゴがそれぞれ得票数40%(左)、45%(右)と大部分を占めていたこと、また投票してくださった皆様から「2つのロゴを用途に合わせて使い分けたらどうか」とのご意見を多くいただいていたこともあり、今回スタジアムのロゴは両デザインを採用し、目的やシーンに合わせて使い分けることにいたしました。


    imageまた、スタジアム正面に掲げるロゴは皆様の目に触れる機会も多く、スタジアムを象徴する場所であることから、急遽、どちらのロゴを掲げるかTwitterにて再投票を実施。その結果、スタジアム正面には、上記のロゴを設置することに決定いたしました。
    ※ 画像はイメージです


    image3こうして皆様の投票により選ばれたロゴマークですが、このデザインは、千葉ロッテマリーンズの選手とファンの皆様を象徴するカモメを中心に、内側の円は千葉市民の皆様、外側の円は船を表現しており、「マリンスタジアムを慕う皆様と一つの船に乗り、新たな歴史を創っていきたい。」そんな想いが込められています。

    今後もマリーンズファンの皆様や地域の方々に愛される「ZOZOマリンスタジアム」となっていけるよう、みなさまにワクワクしていただける企画を検討してまいります。今後も末永く「ZOZOマリンスタジアム」をよろしくお願いいたします!

    業界初「買い替え割」サービス運営クラウンジュエル宮澤社長インタビュー

    miyazawa_top3
    11月15日より、ZOZOTOWNにて、洋服の下取り割引サービス「買い替え割」がスタートしました。
    買い替え割は、お客様が商品をご購入する際、購入履歴から「下取りに出したいアイテム」を選択すると、その場で下取り金額分が割引されるサービスです!
    詳しくは、ぜひこちらもご覧ください。

    通常、「下取り割引」というと、下取り商品の現品と引き換えで割引されるのはよくあるケースですが、今回の買い替え割は、「商品購入時にその場で割引し、後日下取り商品を発送いただく」という、業界初の取り組みなんです!!

    kaikaewari

    そんな「買い替え割」サービスは、「ZOZOUSED」・「ZOZOTOWN買取サービス」を運営する株式会社クラウンジュエルが運営しています。今回は、「買い替え割」をスタートしたきっかけや業界初の取り組みができたわけ、今後の展望などをクラウンジュエル代表の宮澤さんにインタビューしてきました。
    続きを読む

    前澤社長の誕生日会!

    111月22日は前澤社長の誕生日!ということで、今年もスタートトゥデイ歴代の新卒スタッフが集結し、41回目の誕生日をお祝いしました!

    現在、当社には2006年に入社した新卒1期生から今年入社の10期生まで200名以上の新卒スタッフが在籍していますが、各期ごとにこの日のために、思い思いのプレゼントを用意し、日ごろの感謝の気持ちを込めてお祝いしました。




    2345678910この日、社長には新卒スタッフの手作りビーフジャーキーや、ラベルも中身もオリジナルで制作したビール、1年のイベントに合わせてスタッフが仮装した写真を使ったオリジナルカレンダーなど趣向を凝らしたプレゼントが贈られました。




    11年に一度の誕生日。
    普段、社長に対してなかなか言えない感謝の気持ちを、面と向かって伝えられるいい機会となりました。
    OMEDETOございます!

    グループ報、はじめました。

    image1いま、スタートトゥデイにはグループ会社が3社あります。「ZOZOUSED」を運営するクラウンジュエル、ECショップ構築事業を運営するアラタナ、そしてスタートトゥデイが手がける事業・サービスを技術面から支えるスタートトゥデイ工務店。

    1998年に3名から始まった小さな通販会社は、今では2000名を超えるスタッフが働く、大きなグループ企業となりました。そんなタイミングで、せっかく沢山のスタッフが一緒に働いているのだから「お互いのことをよく知って、もっと一体感を持って事業に取り組んでいけるように」と、今年4月に初めての「グループ報」を創刊しました。




    2
    435グループ報の創刊号では、まずは「自己紹介から始めよう」ということで、各社CEOにお互いの出会いやそれぞれの人柄をインタビューしたり、なるべく多くのスタッフに登場してもらえるよう、100名のスタッフによる目標発表や、全社全部署の集合写真、各社あわせて90名以上のスタッフが登場するQ&A企画などを掲載しました。

    そして今週、グループ報の第2弾が完成し、各社にお届けしました。



    789前回の「自己紹介」に続き、今回は「一歩 踏み込んで聞いてみよう」をテーマに、スタッフから各社CEOに聞いてみたいことを募集してインタビューしたり、グループ内で話題のサービス担当者に開発秘話を聞いたり、スタッフの人生観や好きな事をもっとよく知れる企画が盛りだくさんな社内報となりました。



    10111213グループ会社が一丸となって制作するグループ報はまだ2冊目ですが、今後も制作していく予定です。創刊号のインタビューの際に、代表の前澤が2000名を超えるグループ企業になったことを振返り、「全スタッフがお互いの会社のことに敬意を持ちつつ、遠慮なくファミリーとして、一緒に理念を実現していく。それってすごい。」と感心していましたが、このグループ報が、そんなファミリーとしての関係性を築いていくキッカケになればいいなと思います。